◇きもの用語辞典

あ行

藍朧(あいおぼろ)

浅葱地に紺と白の模様が入り混じったにぎやかな感じの物。地白の型付けと地染まりの型付けを併用した染め方である。

間黄(あいき)

江戸時代に武家の女性が内掛けの下に着た小袖をいう。

間着(あいぎ)

江戸時代に武家の女性が打掛の下に着た小袖。

合着(あいぎ)

冬と夏との中間、すなわち春、秋のころに着るもののことで、厚地の着尺地のひとえ、ウール地とひとえ、ひとえ羽織、レースの半ゴート、白っぽい色彩の袷(あわせ)長着などである。

合い印(あいじるし)

二枚以上の布を縫い合わせるとき、布がずれないようにつける印のこと。

藍染め(あいぞめ)

藍甕(あいがめ)の中で糸あるいは布、紙などを藍の液につけて操作し、甕覗(かめのぞき)から紺までの色に染めること、および染めた品。操作の方法は複数あるが、甕や桶の中で水を加え、発酵、還元させるのがおもな技法。30度前後の温度を保たせて染色することが多い。

青摺衣(あおずりのころも)

宮中の神事の際に、舞人が着用する「祭服」のこと。「斎服」とも、「小忌」ともいう。

茜(あかね)

植物染料の一つ。日本で最も古い赤色染料であり、他の赤色染料とともに重要な染料の一つである。

明き(あき)

衣服の一部分として、前、後ろ中心、脇、肩、袖口、裾口などにあけられているもので、着脱を容易にし、着装時の身体の動きに適合させる。体温の調節のためのものや、装飾的なものもある。

秋草文(あきくさもん)

植物紋様の一種。秋の草花の咲き乱れるありさまを描いた紋様。清涼感と気品の展において、格式ある紋様として愛好されている。

灰汁(あく)

木灰あるいは藁灰に水を注ぎ、笊で濾過したアルカリ性の液の上澄みをいう。精練あるいは媒染剤として用いる。

揚げ(あげ)

衣服の長さの余分を、将来の為に備えて縫いあげておくこと。

袙(あこめ)

装束の表着(うわぎ)と単(ひとえ)の間にこめて着る衣の略称

麻(あさ)

植物性繊維。大麻、苧麻(ちょま)、亜麻、黄麻などの皮の部分を使用するものと、葉の部分を使用するマニラ麻類とがある。現在きものに用いられているのは苧麻がほとんどである。麻は、わが国はもとより、世界中で最も古くから用いられた繊維で、木綿が普及する以前の庶民の衣服は四季を通して麻であった。手触りは硬いが肌触りがよく、丈夫で、水の吸収と発散が早いので、汗をかきやすい盛夏用のきものの織物原料として「小千谷縮」「越後上布」「近江上布」「能登上布」「宮古上布」などの上布類や、麻の襦袢などに用いられている。

麻織物(あさおりもの)

大麻、亜麻、苧麻などの繊維で織った織物。現在では主に苧麻が盛夏用のきものに用いられている。細い麻糸を用いて平織にした上等の麻布は、上布という。

浅沓(あさぐつ)

装束に用いられる履物の一種。公卿以下の男たちが履くもので、最初は革製であったが、平安時代から桐の木をくりぬいて、黒塗りにしたものを用いた。

 麻の葉 (あさのは)
六個の菱(ひし)形を一つにまとめて放射状とした単位模様ウィ順次続けた割付文様の一つ。各菱形に対角線を加えることから、葉脈のある植物の葉を想起し、とくに形態上の類似から麻の葉に見立てたもの。すでに平安時代には仏像に截金(きりかね)で装飾した文様に
多くの例がある。
江戸時代の染織文様として人気を得、絞り染めや小紋染めなど多様である。

衣冠(いかん)

下袴(したのはかま)、単(ひとえ)、指貫(さしぬき)、袍(ほう)に冠をつけた装束で、束帯の略称のこと。

粋(いき)

容姿や身なりが洗練されて、しゃれた色気をもっていることを意味し、江戸時代末期に発展した一種の美的観念をいう。また遊里に明るく、その遊びにも詳しく、万事にさばけていること(通<つう>)をも意味する。

生洗い(いけあらい)

汚れやしみをつけた場合に、いったんほどいて、薬品でシミ抜きをする作業のこと。

衣桁(いこう)

きものを掛ける和風の家具。呉服屋の陳列や展示用などに使われる。

居坐機(いざりばた)

地機、神代(じんだい)機、坐機、下(しも)機などともいわれ、日本や朝鮮で古くから使われてきた手織り機の一種。五世紀ごろ、中国から機織り技術が伝わり、弥生時代の原始機が、この機に転換した。越後縮(ちぢみ)や結城紬(ゆうきつむぎ)のほか、各地でわずかに使用されている。

居敷当(いしきあて)

和裁用語で、単(ひとえ)のきもののでん部の位置に、補強のために裏から縫い付けておく当て布のこと。

石摺り(いしずり)

紬や御召類の白記生地を色に染め、石の粗い面に当てて布面をこすると色がところどころはげてむらになる。これを文様として表したもの。

衣装(いしょう)

着物、衣服、被服と同意語であるが、形式の整った言う区、上等の衣服をさす。

お太鼓結び(おたいこむすび)

女帯の結び方の一種。江戸末期の文化14年(1817年)に江戸亀戸天神の太鼓橋再建にちなんで、それまでの路考結びを称するようになった。この結び目が引き解けぬように帯結めが用いられているのが特色。この結び方ができるまで帯は締めやすい繻子(しゅす)類の流行のため、引き解けやすくなっていた。そしてお太鼓結びの出現によってその簡単に引き解けてしまう欠点がなくなり、今日では帯締めは女帯に必要なものとなった。

おそふき

草鞋(わらじ)にかける、わらで俵編みにつくった爪掛(つまがけ)のこと。

小千谷縮(おぢやちぢみ)

新潟県小千谷市を中心につくられる縮麻で、越後縮ともいった。現在、小千谷縮は姿を消し、手紡糸手織りの重要無形文化財の商品とラミー糸の越後上布とある。

お対(おつい)

長着と羽織を同一の布地で仕立てること。

男仕立て(おとこじたて)

男性の専門家によって仕立てられたものをいう。違いは、あぐらをかき、足指の間に布をはさんで縫う点である。急ぎ仕事に大勢の人間が扱う際には適した方法である。

落し巾着(おとしきんちゃく)

巾着は腰下げ物の一種ですが、腰に下げないで巾着の紐を長くして首から掛けて懐に落しておくのをいう。

踊り手ぬぐい(おどりてぬぐい)

祭礼、盆踊りの際に用いる揃い手ぬぐいのことをい、また舞踊の際に用いるものもこれに属している。

踊り針(おどりばり)

針目が一定方向に向いていない不揃いな縫い目のこと。

御歯黒(おはぐろ)

かねなどで歯を黒く染める事。この風習は上代からあり、化粧というよりむしろ、女子成人のしるし、あるいは既婚のしるしとして行われた。

御端折(おはしょり)

女子のきものの着装法の一種、またはその部分。きものの丈を腰の位置で着丈までたくし上げ、腰ひもで縛って着ること、またはそのたくし上げをいう。近世初期の小袖は対丈(ついたけ)であったが、1626(寛永三)年から1664(寛文四)年の間に反物の長さが二尺(60.6センチ)長くなり、幅が一寸(3.03センチ)狭くなったため、歩行に不自由なことから始まった。初期は前のみで、また明治の中期までは室内ではお引きずりであったが、以後、御端折をして、着尺に着るようになった。

帯揚げ(おびあげ)

近世以来、装飾化し、幅が広く丈が長くなった女性の帯を、その重さを加減しながら形よく結ぶために用いる帯枕を覆うもの。生地は、柔らかくてかさばらずよく締まるものがよく、薄手の綸子縮緬(りんずちりめん)、絞り縮緬などが多く使われる。

 

か行

貝の口(かいのくち)

角帯の結び方の一つ。一端を折り返し、他の一端を二つ折りにしてこれと真結びに結ぶ。女性は半幅帯の際、浴衣、普段着、羽織下などに用いる。

掻巻(かいまき)

袖のついた着物状の寝具のこと。掻巻とは袖のついた寝具のことで、綿入れの一種である。長着を大判にしたような形状で、首から肩を覆うことによって保温性に富む。

返し衿(かえしえり)

明治期までは、女性の晴れ着用長襦袢(じゅばん)の半衿に赤い裏をつける習慣があった。黒小袖の下にこれを着て、いったん衿もとを合わせたのち、下前だけを外に折り返して、裏の赤い色をのぞかせる着方を返し衿といった。今日では芸者の座敷着に残っている。

返し縫い(かえしぬい)

手縫いの基礎縫いの一種で、縫い目を丈夫にするときに用いる方法である。本返しと半返しがあって、返し縫いは掛け針に掛けて布を張り、一針ごとに糸を引き締めながらあと戻りの針目で一針ずつ縫う。縫い代を割るときなどに用いる。

抱え帯(かかえおび)

和装では補助具の一つ。きものの裾をたくしあげたとき裾を押さえるために用いた帯。しごき帯のことで、略してしごきともいう。江戸時代初期に、広幅の小袖の足さばきのいいように用いたのに始まる。それが江戸中期ごろには裾が地をひくようになり、外出には裾を持ち上げるか帯の間からつまみだしたりしたが、しだいにしごき風の裂(きれ)地でこれを押さえるようになった。そして、やがて絎(く)けひも状のものもできるようになった。明治になって常時お端折(はしょ)りをするようになると、これは腰ひもとしてきものの中に隠れ、現在抱え帯は、花嫁が帯の下部にそえて締めるアクセサリー的平絎けひもとして残っているだけになった。

鏡仕立(かがみじたて)

表裏2枚の布を縫合せるとき、片面の布を四方に批を出して額縁のように仕立てる事。

化学繊維(かがくせんい)

天然繊維に対して、人造繊維を総称していう。化学的製造工程をへてつくられた繊維という意味であり、代表的なものとしては、再生繊維(レーヨン)、半合成繊維(アセテート、トリアセテート)、合成繊維(ナイロン、ビニロン、ポリエステル、アクリル)などがある。

加賀友禅(かがゆうぜん)

友禅染の一種。江戸時代初期末、加賀の金沢に発達した。加賀には古く、能登上布(じょうふ)に梅の皮や柿渋で染めた加賀染があり、のちに絹に彩色をしたものもあらわれ、土地の人々はそれを<御国(おくに)染>と称していた。これに宮崎友禅斎の手法が加えられて<加賀友禅>とよんだ。色調の特徴は、紅、藍、紫を主としたもので、ぼかしによる陰影をもつ。文様は様式的な題材を図案化したものが多い。京友禅が軽快で斬新(ざんしん)で華やかであるのに対し、加賀友禅は重厚さどやさしさと落着きを示すものである。

かがる(かがる)

裁ち目がほつれないように、布端に、縫い糸やしつけ糸を一定の方向に巻きつけていく方法。裁ち目かがり、穴かがりなどがある。

額裏(がくうら)

主として男物の羽織裏に用いられる仕立て方の一種で、高級な染めや織りによるものを用いて仕立てることをいう。

角帯(かくおび)

幅のせまい、かたい男帯の総称。

 

さ行

先染め(さきぞめ)

織物を織る前に原料糸を、精錬・染色してから織ること。あるいは、その織物のこと。

先練り(さきねり)

織物にする前の生糸の状態で、不純物であるセリシンなどを取り除く精練の作業をすること。

座繰り(ざぐり)

繭から生糸をとる場合、機械を用いずに手で糸を引き出し、座繰り機(糸を巻きつける道具)に巻きつける方法で糸をつくること。

提げ帯(さげおび)

近世の上流階級女子の夏用の帯。帷子(かたびら)の上に締め、腰巻きを巻いた。

 

た行

伊達締め(だてじめ)

きものを着るときに着くずれを防ぐために、長襦袢などの上に締めるもの。

経錦(たてにしき)

普通は三重三色を単位とし、単位の彩経(いろだて)を浮沈交替させて文様を織りあらわした錦。中国では漢代すでに織られ、遺品も少なくない。唐代に緯(ぬき)錦の盛行により衰える。孝徳紀の伯仙錦、車形錦などは、この種の織技によるものだろうといわれる。

 

な行

捺染(なっせん)

広儀には、糸、布の全体を同一色に染める浸染に対して、部分を染めることで、おもに模様をあらわす染色法の総称である。模様をあらわす方法により、直接捺染法、抜染法、防染法などに大別するが、糸、布に、染料を含んだ糊(捺染糊)を直接捺染法を、狭義に捺染という。

夏帯(なつおび)

五月の単の時期から、盛夏にかけて着る羽織で、通気性のある生地を用いる。

七寸模様(ななすんもよう)

裾模様の一種。模様の位置によるよび名。裾から七寸(約21cm)ぐらいの位置に置かれた模様。

生紬(なまつむぎ)

精練を半分よりしていない紬糸を用いた織物。主に夏のきものや帯地に用いられ、地厚なものはひとえの季節に、薄手で透けるものは盛夏用になる。

並縫い(なみぬい)

運針のこと。和装では最も基本的な縫合せ技術である。短針を中指の指ぬきに当てて縫う方法と長針を手のひらの中指のつけ根に当てて縫う方法があり、前者は立て針といい、比較的薄い地質や絹物に、後者はつかみ針といい、厚手木綿や刺し子などを縫うのに用いる。両手で布を張り、右手の人差し指と親指で針を押さえながら、手の上下動によって一針ずつ針を進める。流れ針にならず表裏そろった針目でまっすぐに縫うのがいい並縫いである。

は行

媒染(ばいせん)

染色を行うとき、繊維に染着、発色しない染料の場合、薬品を用いて染色の媒介をすること。

羽裏(はうら)

袷羽織・袷コートの裏地に用いる布地。

羽織(はおり)

「はふりきる」が語源の、きものの上に着る丈の短い衣。身丈は流行によって変わり、衽に相当するものはなく、衿のあきからまっすぐ前を裁ち落として衿をつけ、脇に襠を入れて身幅にゆとりを持たせ、胸もとで紐を結ぶ。また、衿は通常外側に折り返して着る。

羽織紐(はおりひも)

羽織の胸あたりにつける紐。

羽織袴(はおりはかま)

上衣には羽織を、下衣には袴を着用した着装のことをいい、男子用礼装である。

博多織(はかたおり)

福岡県博多市やその周辺で生産される絹織物。太い緯糸を経糸でくるむようにして織られたもので、横に強い直線の畝(うね)が現れるのが特徴。

袴(はかま)

古墳時代にその祖型が見られる、腰から足までをおおう、ゆったりした衣。襠のある馬乗袴と、襠のない行灯袴などがある

袴着の祝い(はかまぎのいわい)

男性の通過儀礼の一つで、5歳の男子を祝う行事。

端切れ(はぎれ)

きものなどを裁った際に出る残り裂。これを利用した小物などもある。

箔(はく)

一般に金、銀、プラチナ等、合金をたたき伸ばしてきわめて薄い片としたものを総称する。

箔糸(はくいと)

和紙に金箔を張り付けて、ごく細く裁断したもの。帯地にも緯糸として用いられ、華やかさを添える効果がある。

箔置き(はくおき)

箔押し、古くは摺(すり)箔ともいった。金属箔を布地に部分的に粘着させて模様をあらわす操作である。

箔衣(はくぎぬ)

女性装束の一種で、箔をすり込んだ衣のこと。

白描(はくびょう)

墨一色で図柄を布に描くこと、あるいは描いたもの。

筥迫(はこせこ)

懐に入れて持つ女物装身具。紙・櫛・楊子・小銭などを入れるもの。最初は紙入れだったが、だんだん携帯用の装飾品となる。

婆娑羅風(ばさらふう)

おごりたかぶった姿のことをいう。鎌倉時代の風俗。

羽尺(はじゃく)

羽織用に織った反物のこと。

端尺(はじゃく)

規定の長さのない和服地、短尺ともいう。機織りの織終りに残る端切れや、何か仕立てたあとに残る端切れで着尺(長着がちょうど仕立てられる長さ)だけないもの。

芭蕉布(ばしょうふ)

糸芭蕉の繊維で織った布。沖縄本島喜如嘉を主に、竹富島に産し、夏の着尺地、座布団地、蚊帳(かや)地などに用いられる。茎から皮を取り、それを木炭(あく)を煮つめた液につけて、また煮出し、皮の不純物を除去する。水洗い後、竹製の道具で皮をしごき繊維質だけにする。その後、糸染めをするが染料にはテカチ(奄美大島ではテーチキ。車輪梅のこと)と泥藍(どろあい)の植物染料を用いる。絣(かすり)の場合は括(くく)り絣の技法によって糸染めしてから織る。芭蕉布は宮古上布、八重山上布、久米島紬などとともに江戸時代貢納布として織り続けられてきたものである。

肌襦袢(はだじゅばん)

長襦袢の下に着用し、肌の汚れや汗を取るための和装用下着。

機末(はたすえ)

織機にかけた布地の最後の個所をいい、「はたすね」ともいう。

ばち衿(ばちえり)

女物長着や襦袢の衿の一種。衿幅が衿肩の部分から衿先まで広がるもの。衿肩回りは衿幅5.7センチ(1寸5分)、剣先の位置で6.5センチ(1寸7分)、衿付止りで7.5センチ(2寸)と衿幅が斜めに広がる。三味線の撥(ばち)になぞられての名称。

襪(ばつ)

足袋、靴下などの足を覆う衣類をいう。

八掛(はっかけ)

女物の袷長着や綿入れなどの、裾や袖口の裏につける布地のこと。裾回しともいう。もとは上方語で、八掛の八は、衽、前身頃、後ろ身頃、衿先に左右二枚ずつ合計八枚に裁ったところからつけられた名称である。後に袖口にも同じ布を用いるようになったので、現在は十枚裁ちである。並幅で約三メートル八〇センチを使う。表地と調和した地質や色を選ぶことが大切である。

八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)

幅八寸(約30センチ)に製織し、縫製しないで結びの部分のみ折り返してかがった、厚地織の帯。

法被(はっぴ)

日本の伝統衣装で、祭などの際に着用し、また、職人などが着用する印半纏のこと。元々、武士が家紋を大きく染め抜いた法被を着用したのに始まり、それを職人や町火消なども着用するようになった。

鼻緒(はなお)

下駄や草履などの履物にすげた緒、あるいはつま先の指にかかる部分をいう。

花織り(はなおり)

沖縄で織られる特有の浮き織物をいう。経糸か緯糸を浮かせて、小さな四角の点模様を織り表す。

花簪(はなかんざし)

女性や子供が花見の際に頭の髪にさす造花でつくった紙製の簪をいう。

花見幕(はなみまく)

本来は、花見の時に張る、宴のための幕のこと。小袖幕、花見小袖ともいう。

花結び(はなむすび)

組紐による、飾り結びの一種。衣服、袋物、水引、茶壺や社寺などの幕に飾りとして用いる。

花嫁姿(はなよめすがた)

花嫁衣装ができるのは室町時代になってからで、それまでは礼服、盛装の姿であった。室町時代、小袖、帯に打掛姿が成立してから、神聖なものとして白地の表着、帯、打掛姿になった。

脛巾(はばき)

武官が礼服を着用するときにはく具。

羽二重(はぶたえ)

経糸・緯糸に良質の撚りのない生糸を用いて、多くは平織りの後練りの絹織物。肌ざわりがよく、つやがある。礼服や羽織・羽織裏・胴裏などに用いる。

腹掛け(はらがけ)

身体の前を胸から腹部まで覆うもの。職人賀制服のように用い、商人や農民もしばしば用いた。

針供養(はりくよう)

裁縫の上達を願って娘たちや仕立て職の人などが針を休め、折れた縫い針などを集めてこれを供養する行事。

貼雑ぜ(はりまぜ)

種々の書や画を屏風などに混ぜて貼り合わせること。

晴れ着(はれぎ)

特別な日に改まって着る着物。社会の行事や特別な社交の日に、普段着とは違ったものを着ることは万国共通である。

半衿(はんえり)

長襦袢の本衿の汚れを防ぐために掛ける衿のこと。

半襦袢(はんじゅばん)

長襦袢の上半分に相当する、体の上半分に着用するもの。

半天(はんてん)

きものの上に防寒、あるいは職業を表すために着る上着。

半幅帯(はんはばおび)

女帯の一つ。15センチ(4寸)幅位に仕立てた帯。普通の帯の半分の幅のために名がついた。ゆかた・普段着・羽織下などに用い、文庫などに結ぶ。袋帯になったものを小袋帯という。

ま行

前衿裁ち(まええりだち)

子供物のきものの裁ち方の名称である。前身頃から衿元を裁つのが由来。

前帯(まえおび)

帯の結び方の一種。女帯の結び方を前にした結び方。江戸時代には留袖、お歯黒とともに元服後の女子の装いでもあり、また既婚者であることのしるしであった。

前下り(まえさがり)

前身頃の脇から衿付に向かって斜めに長くなっている部分。裾線を水平に設定すると、着用したとき、前身丈は後身丈より短かくなる。その前後の差を前下りとして前裾に加え、着装の際、裾線が水平になるように仕上げたもの。羽織、長襦袢などに用いる。

前垂れ(まえだれ)

衣服を汚れやいたみから守るため、腰から下に前に下げる布。

前幅(まえはば)

和服の各部の名称の一つで、前身頃の裾の幅のことである。またその寸法をいう。

前身(まえみ)

前身頃の略。後ろ身頃に対して身体の前面を覆う身頃をいう。前身頃には右前身頃と左前身頃がある。

撒き糊(まきのり)

模様染めの糊置き技法の一つ。布面に粒状の地模様をあらわした染め。

髷(まげ)

男女の紙を頂に束ね、髻を結ったものを折り返して曲げた部分。

襠(まち)

衣服を作るとき、布幅の不足する部分を補う布のこと。和装では羽織や被布などの脇に入れる布のことを指す。袴や袋物などにも多く用いられる。

待ち針(まちばり)

裁縫用具の一種で主要なもの。長い距離を縫ったり、くけたりするときに、その途中の布を固定させ、縫い針の運びを能率よくするために、留めておくのに用いる針である。用布の中に入れ込まないように針の頭にプラスチック製の花形や玉がついている。和装用には針が細く、長いものが使いやすい。

松葉模様(まつばもよう)

松の葉を文様化したもの。松葉散らし、落ち松葉、敷き松葉などがあるが、松葉小紋は、江戸時代、徳川綱吉の留柄として一般の使用は許されなかった。有職(ゆうそく)織物にも松葉襷(だすき)などがある。

纏り(まつり)

裁縫の基礎縫いのうち、布の始末の仕方の一種。元来、洋裁の技法であるが、和裁では折り山を押さえたい時に用いる。

まつりぬい(まつりぬい)

日本刺繍の刺し方の一種。纏(まと)いぬいともいう。アウトライン・ステッチとサテン・ステッチの中間的方法で、多様な太さの線を表現する。

豆足袋(まめたび)

小さいことを豆というが、豆足袋は幼児のはく指先の割れていない足袋で、ひも足袋型である。

守り袋(まもりふくろ)

袋物の一種。守り札を入れてつねに携帯する袋。材料は錦、金襴、緞子などが用いられる。

丸洗い(まるあらい)

被服を洗うとき、その縫製を解かずに、そのまま洗うこと。解き洗いに対する語。

丸帯(まるおび)

女帯の一種。一枚の広幅の帯地を二つ折りにして、一端を絎ケ合せた帯。丸帯は、重くて締めにくい為、昨今、花嫁衣装などの礼装用の限定され、軽い袋帯が代用されている。

丸絎(まるぐけ)

綿などを芯に入れて、丸く棒状に仕上がるようにくけること。また、そのひもや帯、帯締めのこと。

丸袖(まるそで)

きものの袖形の一つ。袂が丸くなっている袖。

真綿紬(まわたつむぎ)

真綿は絹の一種で、蚕の繭を煮た物を引き伸ばして綿にした物である。室町時代に木綿の生産が始まる以前は、綿という言葉はこの真綿を指した。真綿紬の代表といえば結城紬。一反の反物には蚕の繭が4,000~5,000個も使われ、糸に緊張を与えないように人の手で丹精を込めて撚り上げて作られる。まさに、多くの生体と洗練されし技術の融合である。

万筋(まんすじ)

縞柄の一種。大きさによる称。千筋よりもさらに細かく、縞糸と地糸それぞれ二本おきのもの。

真綿(まわた)

繭の繊維でつくったわたのこと。光沢があり、強くて軽く保湿力が大きいなどの性状を有し、被服、寝具の中入れわたやキルティングとして用いられた。また、紬糸、絹縫い糸の原料とされる。